基礎コースで学べる事

【基礎コースで学べる事①】

「素人からプロセラピストに変わるポジションの取り方」

手が震えてしまう、押さえると指が痛くなる、怖くて触れないなど、これらの事で不安な方は慣れでも、押方が悪いからなどではなく、「ただポジションが悪いだけ」です。正しいポジションで押さえると自然に体重圧で押せるようになります。

実際この現象はどのスクールや講座でも良くあります。

出来る人は見本を見ただけで出来るようになるし、出来ない人は中々出来ず、行き詰まったり諦めたりします。

何を隠そう、私自身がこの「出来ない人」でした。

講師に質問しても、「慣れが必要」「もう一回よく見て」と言われ、しまいには講師が怒り出したり、投げ出したりします。

この光景は中々出来ないセミナー受講者は経験あるのではないでしうか?

これは講師になるような人や講師に任命されるような人は、本人自身が優秀なケースが多く、同じく優秀な人は付いていけますが、そうではない人は置いていかれ、高い受講料が無駄になるケースもあります。

そういった講師は自分自身が優秀で見ただけで出来るタイプなので、出来ない人が「何故出来ないのか分からない」ので、出来るタイプしか付いて行けなかったりします。

しかし、出来ないタイプから出来るタイプになれた場合は、出来ない理由を理解しているので、それを理論、体で説明して出来るように導く事が出来ます。

その一例が「ポジションの取り方」です。
出来る人は自然にそのポジションに立てるのですが、そうじゃない人は体重をかけにくい位置に体を置いていたります。

そこを修正するだけで、素人からプロセラピストの触り方に一気に変わります。

やってる本人が驚いたりします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − 17 =